読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスケボウイの本名齋藤信介ブログ

ロックバンド「ボウイズ」のシンスケボウイスターライトのブログです

友人の彼女をなぜか助けにいって起こった人生最大のピンチ

大学3年のある日、友人から電話がかかりました。

 

そんな親しくもない人、たまたま日雇いのバイトで一緒になった人でした。

 

仮にAさんとしておきましょう

 

「彼女がさらわれたから、助けてくれ」と。

 

まったく意味のわからない言葉。まず思ったのが、「お前がいけよ」と。

 

 

慌てる友人A。

 

とりあえず、警察に連絡しようとアドバイス。

 

 

友人は、とりあえずその男の場所はわかっているからそこに一緒にきてくれと

 

僕は、「とりあえず警察に連絡するわ」と

 

 

しかしAくんはひたすらに警察を拒む。

 

「とにかく一緒にきてくれ」と。

 

いやだなー。と思いながらもそのとき正義にもえていた僕はとりあえず、いくことに。ただ、ちょっと怖かったので、腕に覚えのある、みためどうみても強そう後輩B、柔道家後輩Cをつれて。

仮にチームボウイとしましょう。

 

Aと合流したチームボウイ

 

Aは、彼女はここにさらわれている。とマンションの一室を指差した。

 

とりあえず、ついていくチームボウイ

 

Aはエレベータを使わず、「階段でいこう!」と、

 

僕は、「エレベーターを使おう」と。それには、Aの彼女をさらった男がもしかしたら、エレベーターでおりるかもと思ったからであった。

 

階段をつかって登る Aと腕に覚えのある後輩B

 

エレベーターで向かう 僕とC しかし、なんとエレベーターは故障していた。

 

いそいで階段のほうから登る僕ら。そんなに急いでないのに先にいったAにおいついてしまった。

 

なんとAは階段上るのが遅かった!!!!!

 

 

とりあえず合流した我々は、その問題の部屋の前にきた。

 

Aは、ドアを叩く!!!!!

 

すると、中から

 

 

 

ものすっごい

 

 

ものすっごい

 

 

ものすっごい・・・・・

 

 

 

 

普通のまあまあイケメンがでてきた。

 

Aは「●●を返せ!」という。

 

困惑するまあまあイケメン。

 

そしてチームボウイ

 

何か様子が変だ。

 

まあまあイケメンの後ろから女の子がのぞく。

 

この子か!!!

 

Aはそのまあまあイケメンにつかみかかった!!!!

 

女の子が悲鳴をあげる!!!

 

僕は「わあ、映画とかみたいや!!!だいたいこの後、何人か悪者が出てくるパターンか」と。

 

いうて、聖徳太子流武学を学んでいる僕に怖いものはなかったが、

 

おそるおそる後ろを振り向いた。

 

 

するとそこには・・・・・・・

 

 

だれもいなかった。安心

 

Aにつかまれた、まあまあイケメンを心配して女の子が部屋の奥からでてきた。

「なんなんですか!!!!!」叫ぶまあまあイケメン。

怖がる女の子。

 

そして、Aは女の子の名前を叫ぶ。

 

 

すると、、、、、

 

 

女の子はこういった

 

 

「あなただれですか???」

 

 

 

そう。Aは

 

 

その女の子と勝手に付き合ってると妄想していたのです。

 

最近出来た彼氏のうちに遊びにきていただけ。

 

 

さらわれてなんかいない・・・・・・

 

その場の状況がよくわからないチームボウイ

 

そっと口を開く後輩B!!!

 

「あの僕ら、彼女さんがさらわれたってきいたんですが」

「ほんとにしらないんですよ!!!」と女の子。。。。

 

その場から走り出すA

 

まあまあイケメンと話をする僕ら

 

 

やばいのは、

 

 

ほんとうにやばいのは・・・・・・Aだ!!!!

 

 

そして、階段から再びAがやってきた。

 

 

手に、棒切れをもっている。

 

これはやばい・・・・

 

 

そのとき

 

 

頭で色々考えた

 

 

しかし、子供の頃から、ヒーローものに憧れ、大学では仮面ライダーをずっとみて、

 

僕の魂には彼らから受け継がれた正義の系譜が宿る。

 

この二人を守らないと!!!!

 

 

そう思った僕。

 

 

Aは叫びながら襲ってくる。

 

警察です!!!!!警察に電話を!!!!僕は女の子とイケメンに叫ぶ。

 

「ドアを閉めて!!!ここは僕たちがなんとかする!!!」

 

ドアをばたんと閉める二人。

がちゃんとかぎも。

 

「あ、ほんとに閉めた・・・・」と心で思う僕。

 

おそってくるA、

 

僕は己の右手に気をためた。

 

多くの、兵法書、格闘トレーニング、そして、八極拳図書館でかりた)太極拳(これも) そして、あらゆる中国武術(映画とかビデオとかみた)、

 

最終的にたどりついた、内孔をつかう必殺の六脈神剣!!!!!(なんかDVDでみた)

 

いける、勝負は一撃できまる。

 

僕はこれまで、人を殴ったことはない。まして、この拳で、人を殺めてしまうかもしれない。

 

あったのは、己の拳が人をくらう恐怖。

 

しかし、これは人を守るため。

 

正義の拳

 

 

気はたまった、、、、、、今はなたれる必殺の・・・・・

 

 

 

CがAを取り押さえた。

 

1秒もないくらい。

 

 

さすが、柔道家。一瞬。

 

 

そして、警察到着ー

 

Aは御用となった。

 

その後Aがどうなったかは知らないけど、

 

僕はCに感謝した。

 

 

あやうく人を殺すところだったからだ。

 

しかし、怖い話です。

 

ストーカーというやつですね。しかも、彼女と思い込んでた分おそろしすぎる。

 

そんなわけで、とくに女性の皆さんはほんとに気をつけてください。

 

あとは、守るべきとき男は動かねばならない日がくるかもしれません。

 

もちろん暴力でなく。

 

好きな女をしっかり守れてこそ真の男なのです。ドアをしめて鍵をかけた、まあまあイケメンはしっかり自分の仕事をしたといえます。

 

好きな人を守れる強さをしっかりと身につけましょう。