シンスケボウイの本名齋藤信介ブログ

ロックバンド「ボウイズ」のシンスケボウイスターライトのブログです

いじめはやめよう!!!あなたの子供をいじめっこ、られっこにしてはいけない。

いじめられた経験がある人は、その後の人生での健康面などにも影響してるとなんかの本でよんだことあります。

 

いじめっ子の方も、まったくイジメに関わったことがない人よりも、健康面よくないらしいです。

 

あと、年収もイジメに関わったことがない人たちのほうが、いじめの加害者、被害者よりもいいらし。

 

学歴も。

 

 

これはでもなんとなくわかりますね。

 

いじめっこって、あまり成績いいひといなかった気がします。

 

 

さて、この僕も小学校1年のときから2年の一学期まではいじめられてました。

 

個人的にいじめられる側に罪はないと思いますが、僕に関しては僕が100%悪い。

 

野球部に入って、期待されつつもいかなくなり、ユニフォームを捨てる。なんか、つばをためて、いきなり吐き出すwww給食で、隣の人たちと、同じように同じものが入ってないと文句をいう。クラスでかっていた、カブトムシをたたき殺す(Gと同じ虫にしかみえなかった)女子の鍵盤ハーモニカはなめる。体操服匂う。なんでも自分がよければそれでいい(これが今にも残っていますね。この風潮) など、いじめられて当然。

 

しかし、クラス全員の無視も、特定人物からのいじめも、作文の才能や、絶妙なポジション取り(ポートボールで活躍)圧倒的な縦笛のテクニック、以上に速い足、どんどんとけるテスト、などこの辺で自らを確立して、いじめられなくなってましたが。

 

まあ、こんな僕の話はここらへんで。

 

 

いじめ に関わるとやはりいいことはないのではないかと思うのです。

 

これ、なくすことは不可能だといわています。

 

ただひとつ手があるとすれば教育しかないかなと。

 

ただ、「いじめはだめだよ」っていってもだめです。

 

ここはやはり、アニメや特撮がいいのではないかと思います。

 

僕は、子供時代、回りに尊敬する人がいませんでした。当時は父親のことも好きではなかったです。今は超好きですが。

 

なので、図書館にいって、「偉人」の伝記をみまくりました。こいつらを見本にしようと。

 

しかし、実際の人間だとすごいんですが、魂がふるえなかった。

 

そんなとき、家にある姉の少女マンガをみて、その登場人物達に憧れました。

 

これだと思いましたね。

 

個人的に一番キャラに「これだ!」ってはまったのは、BASARAの浅葱でした。

 

へたれで、わがままでしょうもない男なんですが(剣術はつよい)、最後めちゃくちゃかっこよくなります。あれ?この人が主人公なのでは?みたいな。

 

そんなわけで、僕の少年期は彼にあこがれて 生きていました。

 

しかし、ほんと20歳になるまではアニメとか特撮とかは、「あほくさい」と思ってあまりみなかった。

 

それが・・・・・・20歳で仮面ライダーウルトラマン、アニメはほんとに色んなものを見あさったんです。大学時代に。

 

で、「おお、こんないいものがあったなんて」とおもいました。

 

特撮にはまったのは仮面ライダーリュウ

主人公のしんじさんがほんとうに優しい。

 

アニメは語れぬほど、魅力的な人物がいます。

 

教育でつかうべきだと、今は本当におもいます。

 

女の子のいじめに関してはまた難しいとは思いますが、

 

ヒーローたちが愛する女になってくれればと。

 

彼らが愛する女性は、いじめなんてしません。

 

でも

 

本当は、こういったヒーローたちよりも、回りにいる僕達大人が、かっこよく生きて

 

その生き方に学んでほしいとは思います。

 

果たしていま、子供たちがみてかっこよくて憧れる大人の方ってどのくらいいるのでしょうか・・・・・・

 

とりあえず僕はだめです。コタツにいるだけの冬でしたので。

 

www.youtube.com